ゆるだらにっき。

Twitterのログと正門くんとAぇ! groupと関ジュちゃん。その他もろもろ。

長かったねー。

 

 

 

もー行動記其の弐書く前にこの日がやってきてしまったよ(ノ∀`)w

 

 

 

正直に書きますね。

 

本当に長い一年でした。

 

でもあまりに辛いことありすぎて記憶が曖昧な時期とかいっぱいあるんだよね(ノ∀`)w

やっぱ人間って辛すぎると忘れるように出来てるんだわ。

便利だわ。

脳みそが拒否るんだろうね。

そうじゃないと日々生活出来ないもんな。

 

 

そしてそれと一緒にOTK業務にも支障が‥><

あとからMAPとか焼くのにちょっと見返したりしたら「ん?こんなんやったっけ??」って思ったりもー残念なばばあのHDDだよww

 

 

そんなことはさておいて。

 

今回帰省して改めてまだまだ復興には時間がかかる、っていうか全然手付かずのところもまだまだたくさんありました。

海沿いは本当に手付かずです。

他県のことや県北のことはあまり詳しくわからないけど

少なくとも仙台から県南にかけてはそういう状態でした。

夏の時でさえも「落差が激しいな」と感じてたけど

今回は余計にその内陸部と沿岸部の復興の差が開いてるなー‥と感じました。

 

だからこれからもまだまだ復興のお手伝いが必要。

小さなことでいい。

無理のない範囲で、継続して出来る範囲で。

一日でも早く本当の意味での春がくるようにお手伝いできたらと思います。

 

 

それにしてもまぁしんどいTVの多かったこと^^;;

わかるよ!?

大事なことだけども!でも!

ツイでもちょっとつぶやいたけどさ、あの光景見るとあの日のあの当時の辛かったこと、父が見つからなくて先の見えなかった日々を思い出して、逆に本当にしんどくなるんだよね。*1

あれは出来ればほどほどにしていただきたいなー‥と思います。

 

 

今回の帰省の本来の一番の目的は母の献体が終了したので遺骨を引き取りに行ったわけですが、これでやっと父と一緒に眠らせてあげられることが出来てやっと肩の荷がちょっと下りたかな。

「命日に来られないけどごめんね」てことでお墓参りも出来たし、震災からずっと心配してくれてたお友達にも会えたし、本当に久々に「仙台に行ってよかった。楽しかった」と心から思えました。

 

 

そんな中また美味しいゴハンを供養と称して食べまくってただなんて言えないよねwwえへ☆

まぁいかにもアタシらしいってことで(ノ∀`)ww

美味しいゴハンを美味しく食べられることはとってもシアワセなことなんだから!w

 

 

*1:仙台の友人達も全員同意見でした。